1. 教育人間科学部トップ
  2. 学部案内
  3. メッセージ(学部長)

メッセージ(学部長)

学部長 杉山 久仁子

教育学部で一緒に

 横浜国立大学は、日本の市町村で最大の人口を有する横浜市のほぼ中央に位置しています。大都市の中にありながら、キャンパスは広大な緑におおわれ、四季折々の花が咲き、多くの留学生とともに学び合える充実した学習環境と県内・国内はもとより、海外にも研究の場を広げ活躍する優れたスタッフが揃っています。本学では、現実の社会との関わりを重視する「実践性」、新しい試みを意欲的に推進する「先進性」、社会全体に大きく門戸を開く「開放性」、海外との交流を促進する「国際性」を、建学からの歴史の中で培われた精神として掲げ、21世紀における世界の学術研究と教育に重要な地歩を築くべく、努力を重ねることを宣言しています。

 教育学部は、本学でも最も古い明治以来の伝統(明治9年の横浜師範学校)に立ち、昭和24年に横浜国立大学学芸学部、昭和41年に教育学部となり、平成9年には「知識基盤社会」といわれる21世紀社会のリーダーとして活躍する教員と専門的職業人の養成という、2つの目標を掲げ、4つの課程を持つ教育人間科学部が発足しました。その後、平成23年に教育資源集中化のためのリニューアルを断行し、2つの課程からなる学部になり、平成29年度には、本学一体の教育組織の改編によって、教員養成を目的とする1課程になり教育学部として再スタートします。神奈川県内唯一の国立大学教員養成系学部として、教育に関わる諸課題を総合的、かつ多角的な見地から理解するとともに、実践的・先進的な資質・能力を身につけた教員の養成を目的としています。

 現在、教育の現場では様々な問題が渦巻いています。またその背景には、社会の抱える数多くの問題が大きな影を落としているといえるでしょう。神奈川県内の子供の数は100万人を超えており、東京都、大阪府に続き全国で3番目に多く、しばらくの間この数はほとんど減少しないと予想されています。一方、県内の教育委員会は小学校・中学校・高等学校において、毎年合計2000人以上の新たな教員を求めています。こうした状況の中、県内各教育委員会と連携した教員養成及び教員研修などを通して、地域とつながる実践的で先進的なカリキュラムを揃え、グローカルな視点から教育の未来を切り拓くことのできる人材を輩出することを目指します。またそのような高い志を持つ受験生のニーズに応えるべく、多様な入学試験も積極的におこなっていきます。

 このように教育の分野で、そして広い世界で未来を切り拓いて行きたいと願っているあなたにとって、教育学部はかけがえのない学びの場となることでしょう。スタッフ一同、あなたが入学してくることを心からお待ちしています。


〈杉山 久仁子〉

調理科学、食育、家庭科教育等を中心に研究活動を展開。現行の中学校学習指導要領解説技術・家庭編作成協力者、中央教育審議会初等中等教育分科会教育課程部会WG委員(いずれも文部科学省)等も歴任している。


ページの先頭へ